toggle
箕面市で、子どもの成長を見守ります 小規模認可保育園

当園について

子ども・保護者・職員みんなにとっての安心を

のいちご保育園は小規模認可保育園です。
2012年5月に認可外保育園として開園し、2015年4月に認可保育園となりました。
静かな住宅街で、家庭的な温かい雰囲気のなか、0・1・2歳の子どもたちの保育を行っています。

心も体もすこやかに成長できるよう、遊び・食事、休息、心の通ったコミュニケーションなどを通して五感を育て、
楽しさの中から自立心、社会性、協調性をはぐくむ教育に努めています。

当園は、「子ども」「保護者」そして「職員」みんなにとって安心で居心地のよい場所となることを目指しています。

子どもの目線に寄り添い、1対1の関係を築くことによって、子どもは自分の思いを伝えやすくなります。
それができるのは、職員の目が行き届くからです。
だからこそ当園は、小規模保育にこだわってきました。

子どもが安心できる場所は、保護者にとっても安心できる場所です。
当園では、例えばおむつや着替えなどの持ち物を園で準備するなど、
できるだけ保護者の負担を軽く、楽にすることに努めています。
特に、共働きで休まるときがない保護者を支える存在でありたいと思います。

また、職員らがベストなコンディションで保育業務にのぞめるよう、
超過勤務や持ち帰り仕事などは一切ない労働環境を実現しています。

みんなが安心して笑顔でいられるのが、のいちご保育園です。

園長 堀江たか子

堀江たか子(園長)

育児に全力投球のお母さんをサポートしたい

幼稚園勤務ののち、公立保育所に37年間勤め、うち15年は所長でした。その後は「こんにちは赤ちゃん訪問」という乳児家庭全戸訪問の保育士として保育に携わってきました。こうした中で、「ママだから」と心休まるときもなく疲弊したり、限界までがんばり過ぎてしまったりするお母さんたちをたくさん見てきました。
そこで母親の育児を少しでも楽にしたいと考え、のいちご保育園をつくったのです。子どもが心から安心できて、母親が少しでも楽になれる保育園として、力の続く限り育児に貢献し続けたいです。

職員紹介

前畑直子(保育士リーダー)

前畑直子(保育士リーダー)

対話を通して心を通わせ合うことが大事

卒業した大学の付属保育園勤務から始まり、公立保育園、民間保育園などを経て、2016年にのいちご保育園に来ました。保育士歴は30年以上。
0・1・2歳の子どもたちが初めて外に出て家族以外の人間と接するのが保育園なので、みんな不安でいっぱいです。だから、ていねいで心の通った対話やスキンシップを大事にしています。内気な子、頑固な子、いろいろですが、心を開いて「なおこ先生!」と呼んでくれたときが、幸せな瞬間です。

八島仁美

八島仁美

たくさんの「初めて」を一緒に経験したい

2016年からのいちご保育園で勤務。保育士歴は計6年くらいです。
当園は、育児の負担をできるだけ減らすことに注力しており、荷物が少なくて済むことに喜んでくださるお母さんがたくさんいます。私も働く母親の一人なので、気持ちがとってもよく分かります。
2歳までの期間は、子どもが心身共にいちばん成長する時期で、たくさんの「初めて」に出会います。その「初めて」を一緒にやって、「できた!」という経験を成長の糧にしてほしいです。

白川多加代

白川多加代

まるで大きな家族のような保育園

学校卒業後、24時間保育の保育園、0~5歳の幼児教室、公立保育園を経て、2017年にのいちご保育園に参りました。
自分が通っていた幼稚園に大好きな先生がいて、憧れて尊敬して、自分もその先生のようになりたいと思い、保育士を目指しました。当園は少人数なので、まるで大きな家族のようで親御さんも安心だと思います。近隣には緑豊かな公園があり、自然が身近です。秋に公園で子どもたちと落ち葉のお布団をつくったのがよい思い出です。

大野麻衣

大野麻衣

地域の方々にもはぐくんでもらえる

在学中に保育士資格を取りましたが卒業後は企業で働いていました。でも、子どもが大好きで絶対に保育士になりたいと思い続け、7年前にそれを実現できました。のいちごに来たのは2016年です。私も双子を含め3人の育児中で、母親の大変さが分かるため、一人ひとりと深く関われる当園の保育は素晴らしいと思います。
園を出て近所の公園へ行くことも多く、外の世界と触れ合う機会もあります。皆さん好意的で地域から見守られていることを実感します。

河元愛子

河元愛子

年齢の違う子どもたちが一つの部屋で触れ合う

ブランクはあったものの、保育士歴は計12年ほどです。昔から小さい子の面倒を見るのが好きで、中学・高校時代も保育園で手伝いやアルバイトをしていました。
みんなが一つの部屋で過ごすので、年下の子への接し方を小さいうちから学べます。大人数の保育園での勤務も経験しましたが、そのような所ではなかなかない経験がいろいろとできるのは子どもにとっていいですね。一人ずつに目を配りやすいので職員にとっても理想的な保育環境です。

平本美保代

平本美保代

子どものための環境をつくるのが私たちの役目

2013年からの勤務で、ここでの経験はいちばん長いです。
保育園で大切なのは、子どもが真っすぐでいられる環境づくりだと思います。子どもの目線や心への語りかけをつねに大事にすれば、子どもの言動をいたずらに制限する必要もないし、不要なけんかも起こらないのです。「環境づくりをすれば叱らなくてもいい」とは園長から教わった言葉。職員同士は仲がよくて連携も取れているので、みんなで一丸となって理想の環境づくりに尽力したいです

東谷真実

東谷真実

パパやママのような愛情をたくさん注ぎたい

のいちごのスタッフとしてはまだ新しい私ですが、ずっと保育士一筋でやってきました。小さい頃から赤ちゃんが大好きでした。
3歳に満たない、いちばん甘えたい時期に、パパママと離れてここに来るのですから、園児たちにはたくさんの愛情が必要です。母親代わりに愛情を注ぎ、父親代わりにアクティブに遊ぶ、そんな役割が求められるのではないかと思います。親子のような信頼関係を築けるよう、つねに声をかけてスキンシップに努めています。

堀江龍太郎

堀江龍太郎

得意分野は子どもたちと元気に体を動かすこと

2016年からここで保育士をしています。保育園として何より大事な基本は、園児の身の安全確保です。疾患や周囲の危険から守り、無事に保護者のもとに届けることが第一の責務です。当園は、現場経験の豊富なベテラン保育士が多いので安心です。私の得意分野は活発な子供たちと一緒に体を動かすこと。いろんなスポーツをしているので、趣味と実益を兼ねているというわけです。寂しがって泣いていた子たちが成長していく姿はうれしいものです。

浜田敬子(調理員)

浜田敬子(調理員)

おいしく食べてもらえるよう毎日工夫の連続

子どもたちの給食とおやつをつくる調理員として、2016年から従事しています。まだまだ小さな子たちですから、野菜が食べられなかったり、好き嫌いが激しかったりと、いろいろです。例えば材料をもっと細かく切ってみるなど、どうすればおいしく食べてくれるか工夫しながらつくる毎日です。頭を悩ませたアイデアがうまくいって、きれいに食べてくれたときはうれしいですね。園児の喜ぶ顔を見ると「頑張ってつくるぞ~!」とさらにやる気が出ます。

※これらは2018年9月時点で作成した文章です。