toggle
箕面市で、子どもの成長を見守ります 小規模認可保育園

施設紹介

のいちご保育園は一つの大きな家族
恵まれた環境で子どもの健康と安全を守ります

のいちご保育園の間取り

当園は、粟生新家の静かな住宅街にあり、小野原、粟生団地、彩都、外院からも至近です。
建物は“おうち”のような雰囲気を表すかのような外観で、地域に溶け込んでいます。

園児たちは普段、メインの大部屋と、食事室を兼ねた二つの保育室で過ごし、
外遊びは園庭以外に、住宅街にある数カ所の公園にもよく足を伸ばします。

明るくて広々とした保育室は必要に応じてフレキシブルに仕切ることができ、
0歳の赤ちゃんが寝たり遊んだりできる専用スペースもつくれます。

安全・衛生には細心の注意を払っています。部屋の温度と湿度は年間通してつねに空調によってコントロール。
感染症対策のために24時間換気を行い、大型の業務用加湿器を導入しています。

各施設紹介

外観

玄関はオートロックで防犯を徹底。

保育室

一番大きな部屋で、一画には赤ちゃんのスペースも。必要に応じてパーテーションを使っています。

食事室

保育室も兼ねており、食事やおやつのほか、お絵かきなどにも使用します。

キッチン

給食とおやつはすべて手づくり。調理員がここで調理しています。

園庭

保育園の裏には庭があります。小さいスペースながらも遊具を備え、砂遊びや水遊びも行います。

トイレ

2歳までの子どもの体に合わせた子ども用トイレ。ストレスのないゆったり空間です。

加湿器

感染症対策の加湿器は業務用の大型を導入。

ベッド

一人ずつ自分用のベッドがあります。うつぶせになっても呼吸できるメッシュ製。ベッドに合わせて手づくりしたガーゼのシーツを付けています。

遊び道具・絵本コーナー

おもちゃはできるだけ手づくりしています。人形遊びやままごと、絵本など、発育に合わせて遊びます。

避難車と非常用物資

緊急時のために、避難車(大型ベビーカー)と非常用物資を駐車場に備えています。

公園

外遊びに利用する公園は数カ所あり、発達や季節によって場所を変えます。公園への道中も子どもたちにとってはわくわくする冒険です。

豊川支所

道路をはさんですぐ目の前にある、箕面市役所豊川支所。