toggle
箕面市で、子どもの成長を見守ります 小規模認可保育園

一日の流れ

登園から帰宅まで、愛情と責任を持って

のいちご保育園での園児たちの過ごし方をご紹介します。
いつも変わらないリズムで活動することによって、次は何をするのか、子どもたちが見通しを持って主体的な生活を送れるよう、
また安心して園での時間を過ごせるような保育をしています。

7:30~9:30
登園、自由遊び、おむつ交換

9:30~10:00ごろ
朝のあいさつ、検温、おやつ(水分補給)

10:00ごろ
体操、遊戯、
設定保育(公園、粘土遊び、中庭での遊びなど、みんなで行う遊び)
避難訓練(月1回)

11:00ごろ
給食(調理員の手づくりの食事)

11:30ごろ
昼寝
(2~3時間。検温したり、汗や顔色などを見ながら健康状態を一人
ひとり確認します)

15:00ごろ
おやつ(水分補給)、検温、おむつ交換

15:00~18:30
お迎えまで設定保育や自由遊び

18:30
閉園

避難訓練について

避難訓練は、月に1度実施することが国で義務付けられています。
台風、地震、火事などを想定し、職員が園児を集めて適切な場所(食事室や駐車場など)に避難します。

  • 集合

  • 避難

  • 連絡

  • 避難後、帰園して災害学習

避難訓練のようす。
避難後は園長が市役所と保護者に連絡し、避難場所から帰園後に園児は紙芝居で災害について学びます。

健康管理について

検温は基本的に、9:30と15:00の2回に加え、お昼寝時は1歳半まで15分おき、1歳半以降は1時間おきに行います。
体調の変化が疑われる場合は、そのつど検温などのチェックを行っています。発熱以外に、嘔吐と下痢が見られた場合は殺菌消毒処理を行い、感染予防をしています。
脱水症や熱中症予防のため、睡眠時以外は季節に関わらず1時間おきに水分補給します。
睡眠時は子どもの体調管理に適した時間なので、睡眠中も担当の保育士が常に体調管理しています。
発熱している場合、38度以上になった時点で保護者に電話し迎えに来ていただきます。